シワを伸ばすテープ

ほうれい線のシワを伸ばすテープを使うときのコツ


ほうれい線ができる原因は、筋肉が衰えているのが原因です。皮膚の下の脂肪が筋肉に支えられることがなくなり、重力に従って垂れ下がります。
ほうれい線を消す&隠すために、シワ伸ばしテープがあります。寝ている間にシワを伸ばすために使用します。

 

使い方と選び方ですが、アメリカ産生まれの「フラウニーズ」が効果があると言われています。保湿用の化粧水などを使って、顔のシワを消したい部分のシワを伸ばして、その状態でシワ伸ばしテープを貼って一晩寝るだけです。それだけで、3〜4週間でしわが伸びると言われています。ずっと伸ばしておきたいならば、テープが目立たなければ良いのでは?という考え方で誕生したのが、類似品ではありますが「シワ伸ばしテープを貼ったまま外出できるテープ」です。透明なので、貼っているのがわからないことから、そのまま化粧をして外出できるのです。

 

引っ張ったままなので、ほうれい線を消す&隠すためには有効と言えます。フラウニーズの考え方では、筋肉と皮膚を伸ばした状態を学習させることで、シワのないのが通常の状態だと皮膚に認識させるというのが目的なので、類似品を使っても問題はないようです。
問題点としては、皮膚の弱い方はかぶれたりすることがあるようなので、注意が必要です。

乾燥が原因のシワを伸ばす場合の注意点

目じりや口元など、加齢や肌の乾燥などによって引き起こされるシワ、自分で解消していくことはできるのでしょうか。結論から言えば、見た目を目立たなく改善していくことは可能です。特に乾燥が原因で引き起こされる乾燥じわを消す&隠すためにオススメなのはシワ伸ばしテープの活用です。
シワ伸ばしテープとはその名の通り、シワの気になる部位を伸ばすように貼り付けその改善を図っていくアイテムです。

 

具体的な使い方と選び方について、それぞれの商品によって使い方は異なってきますが、大抵は目じりやおでこ、耳部分にテープを張り付けその物理的な力によってシワを解消していきます。通常は寝ている間に使用することになるため、寝ている間にはがれることのない、より強力な粘着力の商品を選ぶのがオススメです。

 

ただ、ここで注意していきたいのはこのシワ伸ばしテープ、頻繁に使用することによって逆に肌にダメージを与えてシワを強調させてしまうことがあるという点です。もちろん、すべてのケースでそうなるというわけではありませんが、あまりに頻繁に使ってしまうと皮膚の乾燥が誘発され乾燥じわも増えてしまうのです。

 

この商品を使うのはどうしても外せないイベント、食事会があるときなどに限ること、そして使用の前後には徹底した保湿ケアを行っていくこと、このポイントを押さえておけば気になる乾燥じわも幾分解消していくことができるでしょう。